たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2017年05月27日

野菜をそのままヘルシーな味付けで食べるようにすると自然と痩せますね・・・

ヘルシーなものをおいしいと感じる味覚は自然と痩せるって言いますよね。
でもそれだとして盛り付けるのではなくて、キャベツやレタスをひたすらポリポリしていたら何となく寂しい気もしますよね。それは急激な変化を人間の体は嫌うため、どうしても「以前の味覚に戻ろうとする」と言う反応が起こってしまっているだけなんです。それ自体も「騙されているだけだ」と自分に言いきかせてそのまま野菜を食べる習慣を続けていると自然と体が野菜をおいしいと感じるようになります。
そうなったらチャンスです。自分の食欲が満足がいくように野菜をしっかり食べて甘い味や塩味からきれいさっぱりお別れするということもできなくは無いですよ。
痩せるためにはヘルシーなものを食べると言うのは当たり前ですよね。味付けが濃いものであればあるほど、そして甘い味や塩味がきついものに関しては、水分を溜め込んでしまったり血液をドロドロにして血糖値を上げてしまったりするため、その分だけ太ると言うのも常識です。このような味覚に騙されないようにするためには、やはりできるだけ薄めの味付けであったり、食べ過ぎないことなども含めて、ヘルシーな食生活をできるだけ意識するようにすることが大切なポイントになります。  


Posted by w3e23r9 at 13:33Comments(0)ダイエット美容健康

2017年05月18日

生理前の食欲の急増はPMSが原因?解消法は食べること!

PMSの症状に悩んでいらっしゃる方もダイエットに成功したいと思っている方が本当に多いんです。
わたしもそんな一人で、ダイエットを始めても生理周期と相談しながら、生理前と生理中はダイエットを中断して・・・という感じでダイエットに取り組んできました。
生理前と生理中はどうしても過食気味になってしまうので、それをなんとかしたくて体調のいい生理終わりから排卵にかけての2週間で何とかできるダイエット方法を探してみた結果がジュースクレンズだったりしていました。
ですけど、本来なら生理痛やPMSなんていうのはないのが当たり前なんだそうで、
わたし自身もそんな風になれたらいいなって思っていろいろと調べてみたんです。
その結果が生理前や生理痛がつらい時に過食を抑えようとするのではなく、食べても大丈夫なものや生理の症状のそもそもの原因のホルモンバランスを整える食べものをちゃんと食べると言ったことなんです。
これまで調べたことを今回はお話しておきたいと思います。
まず初めにお断りしておきますが、生理前の過食というのは確かにPMSの症状ではありますが、PMSの症状を和らげること自体もできますし、ホルモンバランスの乱れによるPMSがさらに加速につながってしまうというこの3つのステップ崩すことで、生理前の過食を治すこともできます。
ここまではご理解いただけましたでしょうか。
これをわかりやすくするために2つの対策がこの時点であるということを確認したいと思います。

PMS自体を軽くする
PMSによる過食を改善する


なぜこのように2つに分けたかというと、PMSといっても本当に個人差で症状は様々で、過食だけが問題になるという方もいらっしゃるんですね。そういった形の場合は他のPMS自体に悩んでさまざまな症状を抱えている方と同じ対策をしては、かえって遠回りになってしまうんです。
PMSの症状が過食だけの場合は、むしろ体に良い食べ物を食べてあげましょう。これはどういうことかというと、PMS症状とはいっても過食の場合は「体がそれを求めているから」ということが言えるからです。
具体的に言うと、ホルモンバランスを悪くしてしまう自律神経の働きや、血流を滞らせてしまう活性酸素の原因、また単純に生活リズムが不規則で、本当はお腹が空いているというタイミングで食べられない。またその逆にお腹が空いていない時にこれから後で起こる仕事などのことを考えると食べておかなければ仕方がないといったような生活をされている方の場合にBMSによる過食が起こってしまうことがあります。
職種で言うと看護や介護の仕事をされている方や、深夜、昼夜を問わず仕事をせざるを得ない方、そのような環境にある方は、BMS症状による過食が起こりやすいということもいえます。たまたま生理前のタイミングで、お休みになったときに自宅に閉じこもって近所のコンビニでお菓子を山のように買い込んでそれを全部食べてしまうといったようなことに覚えがある方はできるだけそのお菓子をビタミンEが取れるアーモンドやその他のナッツ類、そして鉄分が取れるひじきなどを食べて、その他にも小魚でカルシウムを取るようにするなどの積極的に食べる方の対策をとるようにしましょう。また、青魚などに含まれているDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸などの良質な油も神経伝達物質としてホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
なので、もしPMS症状の可能性もある『生理前の食欲の急増』に悩まされている方は前述のようなアーモンドや小魚などのスナック。
また、ひじきなどの鉄分を摂取できるご飯の献立なども自分の得意で美味しいと思えるものを工夫してPMSを改善して行きましょうね♪
  


Posted by w3e23r9 at 08:58Comments(0)美容健康

2017年05月14日

もずく酢ってダイエットにも良くて朝のおなかにやさしいですよ♪

朝ご飯のメニューの中でもずく酢というのが好きという方も多いと思います。とても低カロリーですし、改装なので体にもいいですよね。そのまま食べてももちろんいんですけどもずく酢のアレンジレシピなどがあったら、食生活を自分の中で秋が来ないように豊かにしながら、健康的な毎朝の朝食に役立てることができますよね。そのためのいろいろなレシピがクックパッドなどに紹介されたりしています。例えばトマトを加えて、もずく酢のちょっと酸っぱい文を和らげながら、果物フレッシュ感もプラスして食べる。また、もずく酢に大葉を加えて(結構たっぷり)そしてもずく酢をさらに大葉のビタミンBとビタミンCの力でさらにデトックス力を高めるメニューにして食べるというのも魅力的ですよね。さらに動物性タンパク質もちょっとは取りたいと言うことでしらす干しやもずく酢と新玉ねぎも加えてあげて動物性と植物星のタンパク質の両方をしっかりとりながらもずく酢で全体をまとめるなんていうアイディアレシピもありますし、自然な旨味の酸辣湯風スープなども人気です。またクラシックなところでは、大豆タンパク質が取れる冷奴のもずくすがけなんていうのもおいしいかもしれませんね。とにかくさっぱりと食べられるもの、そして朝の5分で貴重なミネラルチャージができる手軽なメニューというのはやっぱり朝はありがたいですよね。  


Posted by w3e23r9 at 08:37Comments(0)